Webプログラマーの年収(年収500万円レベルの狙い方)

この記事は約 4 分 で読むことができます。

前回は、プログラマーで年収300万円の取り方を書きました。

じゃあ今度は、年収500万円クラスを狙ってみましょう!

年収500万円のもらい方

年収500万というと、平均月収にすると42万くらいですね。

企業に勤める場合、このくらいのレベルになると
ただ言われたまま作るだけのプログラマーだと難しいです。

上流工程と呼ばれる、お客さんの要望をまとめ、システム設計に起こすという
設計工程も担当できるようになっていくか(建築士みたいなものです)
プログラマーをまとめて管理指示できるチームリーダーになっていくか、
というスキルアップが必要です。

会社というのは基本的に、その人が

「会社に対していくら貢献しているのか(金額)」
「その人がいないとどの程度痛手があるのか」

という点で評価(給与)も決まってくるので

チームをまとめて、1馬力以上の稼ぎを出していけるほうが
会社からの評価は高くなります。

前者の上流工程が出来る人(SE)は、
顧客から取れる金額(人月単価)が、プログラマーよりも高いので
その分、会社にとっても稼げる人材ということですね。

プログラマーが年収をアップするもう1つの方法

それと、年収を上げていくもう一つの手としては、転職があります。

ひとつの会社で実績を作って、
別の会社に転職。

このとき、たいていは前職の給与が考慮されて
同額以上の交渉が可能です。(当然、評価によりますよ)

ひとつの会社で給与アップを交渉していくより
実は爆発的にステップアップしていく近道だったりします。

実際、僕の元同僚にもそういった形で年収をどんどん上げていった人が何人もいます。

求人が多く、支払う財源も多い、この業界だからこそ
使えるテクニックかもしれませんね。
(儲かっていない企業には使えませんが)

そんな感じで上げていけば、年収500万円は
数年で十分到達できるレベルかなと思います。

さらに上を目指すなら・・・

以上は、企業に勤める「雇われプログラマー」の場合ですが
フリーランスとか、自サービス運営の路線なら全く違ってきます。

自分の事業なわけですから、ビジネスモデル次第で
年収はどうにでもコンロールできますね。

自分でビジネスをやるようになると、年収1,000万円なんて
あっという間に超えます。

この辺りは次回の記事で書いていきたいと思います。

まとめ

ということで、年収500万円までの道は

1.実績作り

2.どこかの企業に入社し、給与をもらいながら、実績作り

3.スキルを上げて出来ることを増やし、給与アップ

4.場合によっては転職やヘッドハンティングで加速度的に給与アップ

という流れか、

2か3の段階で、独立して自分のサービス(事業)を大きくしていくか

という感じで目指していけば良いと思います。

僕の場合は、1→2→3→4→自己サービス
という流れですね。

4の段階で年収1,000円ちょっとです。

次回は、1,000台を狙うやり方をみてみましょう。

この連載の他の記事

プログラマーの年収って実際のところいくら位なの?という質問をよくされます。実際、一口にプログラマーといっても、その働き方や雇われプログラマーの場合は、勤めている企業によ...
前回は、プログラマーで年収300万円の取り方を書きました。じゃあ今度は、年収500万円クラスを狙ってみましょう!年収500万円のもらい方年収500万というと...
300万円、500万円と年収が上がってきましたので、今回はWebプログラマーで年収1000万円を達成する方法を考えてみましょう。Webプログラマーで年収1000万円を達...
Webプログラマーの年収(年収500万円レベルの狙い方)
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事があなたのお役に立てましたら、
いいね!クリックをお願いします!

あなたも楽しくプログラミングを学んでみませんか?