Webプログラマーの年収(年収300万円レベルの狙い方)

この記事は約 3 分 で読むことができます。

前回に引き続き、Webプログラマーの年収についてです。

前回も書きましたが、Webプログラミングのスキルを身に付ければ、
年収については結構幅広く狙えます。

↓前回の記事はこちら

プログラマーの年収って実際のところいくら位なの?という質問をよくされます。実際、一口にプログラマーといっても、その働き方や雇われプログラマーの場合は、勤めている企業によ...

例えば、リクナビとかで「Webプログラマー」とか「オープン系プログラマー」とかで
検索して実際に見てみてください。

もちろん、企業勤めの場合は評価制度によって待遇は変わるし
フリーなら事業の形態によって収入モデルも変わるので一概には言えませんが、
働き方として、様々な方向に道が開けてるというのは、大きいですね。

じゃあ、具体的にどういう仕事ができれば
どのくらいの年収を狙えるのか?ということで書いていきましょう。

まずは年収300万円の獲得方法

まずは、スタートラインとして、年収300万円台くらいからいきましょうか。

年収300万というと、シンプルにボーナスなしで考えると

月収で25万ですね。

うーん、これくらいなら
Webプログラマーとして、就職できれば初任給でも達成できそうですね^^;

どんな人材がプログラマーとして採用されるか

採用側として、どんな人材にならその給与(月収25万)を払うかというと

1.まず、社会人としてしっかりしている(これは当たり前ですね)
2.開発リーダーに指示された通り、開発メンバーとして機能をプログラミングすることが出来る
3.教えれば今後も伸びそう

大雑把にいうとこんな感じです。
ほんとにベーススキルですね。

2番目の部分が、技術に関わるところですが
これをたかだか2,3回の面接で判断するとなると、

やはり、
自分でアプリケーションを作った実績がある(小規模、荒削りでもOK)
というアピールが一番響きます。

転職であれば、前職の経験や実績などが言えますが
そうでない場合はこれが全てですね。

僕が採用をやっていた頃は、応募数もものすごくあったので
実績を持ってこない人は、その場でNGでした。

ちなみに、別部署でWebデザイナー採用を担当していた人も
同じことを言っていましたね。

自己アピールには実績提示が最も大事

それだけ、実績が大事です。
自分ができることの証明ですからね。

逆に言うと、実績を持っていれば
それだけで他者よりも1歩抜きん出るということです。

採用側にはそういう風に見えます。

なお、当サイトの講座を一通り受ければ
アピールできる実績が作れるようになるので是非ご活用下さい(^^)

あなたがWebプログラマーになるためのロードマップ

あとは、3で意気込みを伝えればOKです。

この辺も、どういうアピールをすれば「伸びしろがあるな!」と思われるか
ちょっとしたテクニックもあるので、講座ではそのあたりもお伝えします。

それではまた。

さらに高い年収の狙い方はこちら

前回は、プログラマーで年収300万円の取り方を書きました。じゃあ今度は、年収500万円クラスを狙ってみましょう!年収500万円のもらい方年収500万というと...
300万円、500万円と年収が上がってきましたので、今回はWebプログラマーで年収1000万円を達成する方法を考えてみましょう。Webプログラマーで年収1000万円を達...
Webプログラマーの年収(年収300万円レベルの狙い方)
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事があなたのお役に立てましたら、
いいね!クリックをお願いします!

あなたも楽しくプログラミングを学んでみませんか?