Webプログラマーになるには?

この記事は約 2 分 で読むことができます。

【Q】
Webプログラマーになりたいのですが、
プログラミングをやったことがありません。

何から勉強すればよいのでしょうか??

【A】
Webプログラマーになるために
勉強すべき分野は、大きく分けて以下の6つ。

・ユーザーインターフェーススキル(HTML/CSSなど)
・プログラミングスキル(PHP/Java/C#/Perlなど)
・データベーススキル(PostgreSQL/MySQLなど)
・サーバースキル(Windows/Linuxなど)
・アプリケーション設計スキル
・データ連携スキル(API)

書店に行くと、初心者向け~上級者向けまで
様々な専門書があります。
僕も色々な本を買って勉強しました。

でも、いきなりそれぞれの分野を深く知ろうとすると、
時間がいくらあっても足りませんし、はっきり言って遠回りです。

経験上、一番良いのは
「まず、作ってみること」。

作りながら分からないことがあれば
その時に、本とかネットで調べれば良いです。

知識ゼロから専門書を3冊読む時間があるなら、
簡単なプログラムを1つ作ってみる。
これが一番理解が深まりますし、
自分が作ったプログラムが動くんですから
モチベーションも上がりますよ^^

ある程度理解できてきたら、
より深く知るために専門書を読むのがいいです。

ぼんやり分かっていたことが
「あ!こういうことか!」とつながる感じです。

そういったことで、
僕の講座では「まず作る!」「そして理解する」という
コンセプトで構成されています。

Webプログラマーになるには?
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事があなたのお役に立てましたら、
いいね!クリックをお願いします!

あなたも楽しくプログラミングを学んでみませんか?

コメントを残す