Webアプリケーションの設計をより効率的に行うには?

この記事は約 2 分 で読むことができます。

Webアプリケーションの設計をより効率的に行うにはどうすればよいでしょうか?

 

設計の定石は「デザインパターン」と言って、いくつか存在します。

デザインパターン

これらは、言語の仕様に組み込まれていたり、フレームワークとして実装されていたりします。

これらの設計手法は、基本的に開発効率を上げ、バグの発生を抑える効果がありますが
逆にソースコードの可読性が下がる(複雑になる)という一面もあります。

僕も個人的に、様々な言語で様々なデザインパターンを試してみましたが
後から判読しづらいことや、デバッグに逆に時間が掛かってしまうことから
結局はシンプルな設計を採用することが多いです。

設計手法先行で、あまり無闇に取り入れるのではなく
アプリのタイプや開発方法(開発人数やメンバーのスキル、機能拡張頻度等)を考慮して
適切な設計手法を取り入れることが大切ですね。

また、オープンソースで公開されている、様々な既成プロダクトのソースコードを
読んでみたりするのも設計手法の勉強になりますよ。

僕もよくフレームワークのソースコードを読んでいました。

プログラムは一度作って終わりではなく、作成したアプリのソースコードを
より良くしていくために「リファクタリング」という作業を行います。

アプリのソースコードも、作成して終わりではなく
より良い実装にするために改善を重ねていきましょう。

Webアプリケーションの設計をより効率的に行うには?
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事があなたのお役に立てましたら、
いいね!クリックをお願いします!

あなたも楽しくプログラミングを学んでみませんか?

コメントを残す