CRON(クローン)とは? | プログラミング初心者のための分かりやすい用語解説

この記事は約 1 分 で読むことができます。

CRON(クローン)とは、特定のプログラムを自動実行するための仕組みのことです。

例えば、CRONに対して「毎時0分にこのプログラムを実行せよ」と設定しておけば
毎時0分になったらそのプログラムを自動的に実行してくれます。

「毎日AM5:00」
「毎週月曜日のPM3:00」
「毎月15日のAM7:30」
「4月1日のAM0:00」

など、年月日/曜日/時間で細かい指定が可能です。

実行するプログラムは、そのコンピューター上で実行出来るものなら
PHPでもPythonでも何でもOKです。

どんな用途で使うの?

例えば、毎晩夜中にその日の仕事のデータを集計してレポートを作成し
メールで送信してくれるような自動プログラムを作った場合、
CRONを使って、このプログラムを「毎日AM5:00」に実行されるよう設定しておけば
あとはほったらかしで、毎日同じ時間にレポートが送られてきます。

他にも、開発したシステムが正常に稼働しているか毎日自動テストさせたり、
重要なデータを自動でバックアップさせたりといった使い方です。

メール配信システムなどを作成する場合も、CRONは重要です。

メール配信プログラムをCRONで毎分実行するようにしておき、
送信対象メールがあった場合に配信処理を行うといった作り方をします。

CRON(クローン)とは? | プログラミング初心者のための分かりやすい用語解説
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事があなたのお役に立てましたら、
いいね!クリックをお願いします!

あなたも楽しくプログラミングを学んでみませんか?

コメントを残す