独学でプログラミングを覚えて就職(転職)するための3つのステップ

この記事は約 4 分 で読むことができます。

プログラマーとして就職(転職)してみたいけど、
これまで学校などでプログラミングを学んだことがなく
これから独学して職に就けるものなのか?

そもそも、独学でプログラマーになれるものなのか?

といった疑問を持っている方は多いと思います。

 

そこで今回は、独学でプログラミングを覚えて就職(転職)するための
具体的なステップを書いてみたいと思います。

独学でプログラマーになれるのか?

結論から言うと、なれます。

プログラマーになれるのは理系出身者だけだとか、
年齢が若くないとダメだとか、
専門の資格を持っていないとダメだとか、

色々なイメージがあるかと思いますが
そんなものは全て都市伝説です。

古い企業はそのような点を採用の目安にしているところもあるかと思いますが、
最先端の企業ほどそんなことは気にしていません。

 

では、何を気にしているのか。

それは、その人が「何を作ることが出来るか」ということです。

プログラマーの最大のアピールは「何が作れるか」

プログラマーの仕事は「もの」を作ることです。

実際に作ってみると分かりますが、
アプリを作るにしろ、ゲームを作るにしろ、
プログラムにはある程度の共通点があり、
プログラマーは皆、過去に作った経験(資産)を
応用しながら仕事をしています。

例えば、過去にお問い合わせフォームを作ったことがあれば、
別のお客さん用にもう1本お問い合わせフォームを作ることは瞬時に出来るでしょう。

過去にECシステムを作ったことがあれば、
その経験と資産を応用して、ネットオークションシステムなども作ることが出来ます。

もし、求人をしている開発企業が案件として
ECシステムの開発・改修を多く抱えていたら、
ECシステムを作ったことがある人材を即戦力として見ます。

その際、理系や年齢や資格は二の次です。

 

つまり、あなたが独学だったとしても、
実用的なアプリをいくつも作って、その実績をアピールすれば、
戦力として見られるということです。

あなたが独学でプログラマーとして就職(転職)するための3つのステップ

プログラミングを学ぶときに、いきなり構文や文法、アルゴリズムなどの
難しい知識から学ぼうとしてはいけません。

「作れるもの」を増やしていくことが目的ですから、
もっと広い視野で見ていきましょう。

STEP1
まずはプログラミングの全体像(大雑把な作り方)をざっくり理解し、
すぐに最初のアプリを作り始めていきましょう。

ここで重要なのは、使えないサンプルプログラムを作るのではなく
簡単なものでも、いきなり実用的なアプリを作ることです。

もちろん最初は分からないことだらけで、
作ったプログラムが上手く動かないことも多々ありますが、
自分の作ったプログラムが実際に動くのを確認しながら進めていくと
みるみる上達するのが分かりますし、何より楽しいです♪

この際、躓いたり分からないことがあった場合に
的確なアドバイスをくれる経験者(メンター)がいるとベストです。

そして、細かい文法などは作った後で、「あ、こういうことだったのか」
という感じで学んでいけばいいんです。
この時、点と点が線で繋がるように理解度が増すのが分かると思います。

 

STEP2
最初のアプリを完成させることが出来たら、
次はそれを応用してさらに高度なアプリを作っていきましょう。

既にあるアプリを模倣して練習してもいいですし、
オリジナルアプリを作っても良いかと思います。

こうやって、自分の開発実績(ポートフォリオ)を増やしていきます。

開発実績をブログなどにまとめておけば、
それがそのまま、自分専用のポートフォリオサイトになります。

 

STEP3
就職(転職)したい会社があれば、その会社の制作実績などを調べ
自分の開発実績に同じカテゴリーのものがあれば、
それを元に戦力になることをアピールしましょう。
無ければ作れば良いです。

その際、開発実績だけでなく、自分のヒューマンスキル
(得意分野やこれまでの仕事での実績、リーダーシップスキル、営業スキルなど)
も合わせてアピールするようにしましょう。

こういった点では、若い人よりも社会経験豊富な人のほうが
アピール出来るポイントが多いですね。

採用担当者の頭の中では、あなたのその会社でのポジションを
色々と模索していることでしょう。

今からでも遅くはない!一度きりの人生をチャレンジしていこう!

このようなステップで進めていけば、
独学でもプログラマーとして就職することが出来ます。

プログラミングを学ぶのに、遅いことはありません。

実績づくりということを念頭において学習を進めていけば、
学校等で何年もかけて学ぶよりも、ずっと短縮した期間で
戦力としてアピール出来るスキルが身につけられます。

まったくの未経験者でも、早い方は数ヶ月程度で
自分のポートフォリオが完成します。

たった一度きりの人生です。
是非、今日からチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

現役プログラマーが自分のメンターとなり、
最短距離でプロレベルのプログラミングスキルを手に入れることに興味があれば
是非、以下の無料メルマガも読んでみて下さい。

独学でプログラミングを覚えて就職(転職)するための3つのステップ
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事があなたのお役に立てましたら、
いいね!クリックをお願いします!

あなたも楽しくプログラミングを学んでみませんか?

コメントを残す