未経験からWebプログラマーに転職する方法

この記事は約 2 分 で読むことができます。

未経験からWebプログラマーになるにはどうすれば良いか?
といった質問をよく受けます。

まぁ、そういう人にはとりあえず講座を受講してみて下さい。
と答えるのですが・・(^^;)

派遣会社とかに相談すると、結構冷たくあしらわれているようです。

未経験では雇ってくれるところはない、とか
あったとしても過酷な労働条件だ、とか。

意見としては一理あるのですが・・・。
方法はあるんですから、もう少し親身になってあげてもいいんじゃないかと思います。

未経験からWebプログラマーになるための手っ取り早い方法

未経験の状態から、Webプログラマーになるための

最速のルートは
「自分のWebサービスを立ち上げること」です。

どんなサービスでも良いですが、
実用的なものであれば、より良いでしょう。

複数立ち上げればなお良しです。

Webプログラマーの求人情報を見てみて下さい。
歓迎するスキルに「Webアプリケーションの開発経験」、「Webサービスを立ち上げた経験」などと
記載されているケースが多いと思います。

そりゃそうです。
企業は即戦力になる人が欲しいに決まっていますから。

小規模でも、実際に立ち上げた経験がある人なら
有名大学卒や、専門学校で学んだアカデミックな未経験者よりも
企業は欲しい人材です。

つまり、独学でも実用的なWebサービスをいくつか立ち上げるだけで
学校で数年学ぶよりも抜きん出たアピールが出来るということです。

いきなりWebサービスを立ち上げることから始めてみましょう!

ですから、まずはいきなり
自分のWebサービスを立ち上げることから始めましょう。

プログラミングの基礎ばかり勉強していても遠回りですよ!

これがハルジオン流の、「Webプログラマーになるための」
プログラミング学習法です。

僕の講座では、未経験者が自分のWebサービスを作りながら
スキルを学んでいけるような内容になっています。

実践的なスキルを最速で学べるだけでなく、
講座を進めながら、自分の実績となるWebサービスがどんどん出来上がっていくので
とても効率的に学習を進めていくことが出来ます。

未経験からWebプログラマーに転職する方法
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事があなたのお役に立てましたら、
いいね!クリックをお願いします!

あなたも楽しくプログラミングを学んでみませんか?