女性プログラマーのメリット

この記事は約 2 分 で読むことができます。

スタンフォード大学の女学生2人が、女性がプログラミングを学ぶ重要性を描いた
ドキュメンタリー映画を作ったとのことです。

女性もプログラミングを学ぶべきと主張する
ドキュメンタリー映画「She++」公開へ− 20歳の学生が製作

映画の内容は詳しくは分からないですが、
僕的には、いつも言ってるようにプログラミングは
年齢・男女問わず身につけるべきスキルだと思ってます。

と、これだと話が終わってしまうので

今日は僕の周りの女性プログラマーについて書いてみたいと思います。

女性プログラマーは意外と多い

僕の勤めてた開発会社は、女性プログラマーの比率が結構高く
全体の約半数は女性でした。

女性プログラマーの傾向として、きめ細かいというか、
きっちりしたコードを書く人が多かったように感じます。
(もちろん、その人のスキルや性格にもよりますが^^;)

あとは、産休・育休を取る人も多かったのですが、
その後の復帰がスムーズだったという印象もありますね。

プログラマーは産休・育休後の職場復帰もしやすい

プログラミングスキルは、自転車のようなもので
一度身につければ基本なやり方は忘れません。

会社としても実務経験があり自社の内情も知っている開発者なら
新たに採用するよりもコストが掛からないので、
みんな結構良い条件で復帰してましたね。

自宅でも仕事が出来るメリット

プログラミングは場所を問わず仕事が出来るので、
産休・育休中にも簡単な仕事を行ったり、
腕が鈍らないように勉強しておくといったことも可能です。

もちろん、職場には復帰せず
そのまま在宅で仕事をしている人たちも多いです。

子供が生まれると、なかなかフルタイムで働くのは厳しくなる中で
家事や育児の空いた時間に、好条件で働けるというのは
プログラミングスキルを持っていることの恩恵ですね。

自由なワークスタイルを実現するプログラミングは女性こそ身に付けるべき

僕の講座の受講生にも女性は多いです。

学生の方から主婦の方まで、多くの女性の方が
プログラミングスキルを身につけています。

家事や育児を行いながら、仕事をこなすのは本当に凄いと思いますが
時間や場所に自由があるプログラミングは、
そんな女性にこそ身につけて欲しいスキルだと思います。

女性プログラマーのメリット
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事があなたのお役に立てましたら、
いいね!クリックをお願いします!

あなたも楽しくプログラミングを学んでみませんか?

コメントを残す