プログラミングを覚えて、フリーランスで自由に働くための3つのステップ(ステップ1)

この記事は約 2 分 で読むことができます。

プログラミングは、ノートパソコン1台あればどこでも出来るので、
フリーランスとして自分の自由な時間で働く人が増えています。

僕自身もそういったワークスタイルを実現していますが、
よく「フリーランスになるにはどうしたらよいか?」という質問を受けることがあります。

そこで今回は、初心者がフリーランスになるまでの
ステップをご紹介しようと思います。

ステップ1:まずはプログラミングスキルを身につける

プログラマーとして働くために、当然ですが
まずは顧客の要望するアプリケーションを作れるだけの
プログラミングスキルを身につける必要があります。

この時のポイントとして、だた闇雲にプログラミング構文を学ぶのではなく
後々に自分の「実績」として紹介出来るようなアプリケーションを
実際に数多く作りながら、学んでいくことがポイントです。

ちなみに、僕が開講しているプログラマー養成講座では
未経験者が実際に自分の「実績」となるアプリを数多く作りながら
無理なくプロレベル(フリーランスで仕事が出来るレベル)の
プログラミングスキルが身につけられるようになっています。

ご興味があれば以下のメルマガを読んでみて下さい。
https://senseshare.jp/mail/

次の記事はこちら
>ステップ2:クラウドソーシングサイトで最初の案件を獲得する

プログラミングを覚えて、フリーランスで自由に働くための3つのステップ(ステップ1)
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事があなたのお役に立てましたら、
いいね!クリックをお願いします!

あなたも楽しくプログラミングを学んでみませんか?

コメントを残す