プログラミングを覚えて、フリーランスで自由に働くための3つのステップ(ステップ3)

この記事は約 1 分 で読むことができます。

ステップ3:安定収入を獲得する

プログラムは再利用が可能なので、案件をこなせばこなすほど
自分の「ソースコード資産」は増えていきます。

再利用可能なソースコード資産が増えてくると、
アプリケーションの開発スピードも上がるため
実績面や納期面での優位性が生まれ、さらに案件が獲りやすくなります。

また、顧客との信頼関係が構築出来てくると、長期契約を頂けたり
別の案件を紹介してもらえたりすることもあります。

このようにして収入が段々安定していきます。

なお、ソースコード資産を活用して自分のオリジナルサービスを作り
利用料収入や広告収入などを得るという方法もあります。

フリーランスは、自分で仕事を創出、獲得していかないと収入が途絶えてしまうので、
このように収入の柱をいくつも作っておくことが本当の安定につながります。

以上、初心者がプログラミングを覚えて
フリーランスで自由に働くための3つのステップについて書いてみました。

ご参考になれば幸いです。

前の記事はこちら
>ステップ2:クラウドソーシングサイトで最初の案件を獲得する

プログラミングを覚えて、フリーランスで自由に働くための3つのステップ(ステップ3)
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事があなたのお役に立てましたら、
いいね!クリックをお願いします!

あなたも楽しくプログラミングを学んでみませんか?

コメントを残す