プログラミングで8時間の仕事が30分に効率化出来る!?

この記事は約 3 分 で読むことができます。

日々の仕事の中で、データチェックなどの単純作業って意外と多いですよね。

1回1回の作業時間は短くても、ちりも積もればで
実は仕事時間の多くを食い潰していたりします。

これって別に自分じゃなくても出来るのでは?

でも他の人も忙しそうで頼める人もいないし・・。

そんな時はプログラムを作って、
自分の代わりにプログラムに作業させましょう!

一度プログラミングしてしまえば、
後はプログラムが自分の代わりに仕事をしてくれる。

プログラミングの凄いところは、一度手順をプログラミングしてしまえば
後はほったらかしで何時間でも作業を行ってくれるところです。

苦行と思えるような単純作業でも、
文句ひとつ言わず従順に行ってくれます(笑)

僕も、これまで自分の作業の多くをプログラミングで自動化してきました。

例えば先日も以下のようなことを行いました。

500件程度のデータチェック作業をプログラミングで自動化

仕事で500件程度のデータチェック&単純な作業を行う必要がありました。

運営している某Webサービスのユーザ利用状況調査の一環で、
各ユーザーが何日おきにログインしているか調査し、
ログイン頻度が低いユーザーにはメールを送信するという作業です。

1件につき1分程度で終わる作業だったのですが、
10件ほど行ったところで面倒になり、プログラムを書くことにしました。

このプログラムのコーディング自体は30分程度で終わりました。

プログラムが出来れば、後はそれを実行してほったらかしておくだけです。
(というか、この程度の件数なら処理は一瞬で終わります)

結果、手で行っていたら8時間以上かかっていたであろう作業が
30分程度で終了しました。

しかも、このプログラムは今後も使えますので、
また同じような作業が必要になった場合にも利用出来ますね。

まとめ

上記の例では以下のような結果になりました。

【手で行った場合】
1件1分×500件=8時間20分

【プログラムに行わせた場合】
コーディング30分で後はほったらかし(しかも再利用可)

8時間弱もの時間が浮いたことになります。

僕は、この日は浮いた時間でさっさと他の仕事を片付け、
後は映画を観ていました♪

このように、プログラミングを自在に扱えるようになると
仕事が効率化するだけでなく、人生の有意義な時間を増やすことも出来ます。

上記の程度のプログラムを書くスキルは、全然高くなく
未経験の方でも短期間で習得出来ます。

是非、自分の人生を有意義に過ごすための
プログラミングスキルを身につけてみて下さいね。

プログラミングで8時間の仕事が30分に効率化出来る!?
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事があなたのお役に立てましたら、
いいね!クリックをお願いします!

あなたも楽しくプログラミングを学んでみませんか?

コメントを残す