プログラマーは論理的思考?

この記事は約 2 分 で読むことができます。

僕はプログラマーになって17年ほどになりますが、
プログラマーとして身に付けた能力で、
ビジネスや日常生活にとても役立っているものがあります。

それは、「論理的思考」です。

プログラミングをしていると論理的思考が自然に身につく

論理的思考とは、「物事を論理的に考える」ということですが、
もう少し詳しく言うと、物事をブレークダウンして考える能力です。

プログラミングを行う際、例えばあるシステムを作ろうとした時に
システムの大枠だけを考えていては、
いつまで経っても、プログラミングがスタート出来ません。

まず、そのシステムにはどんな「機能」が必要か、
そして、それらの機能にはどんな「ロジック」が必要か、
という具合に枝分かれさせて、どんどんブレークダウンしていきます。

最小単位までブレークダウン出来て初めて、
ロジックのプログラミングに取り掛かれます。

大木の「幹」だけを見ていては、どこから手をつければいいか分かりません。
ひとつひとつの「葉」にまで思考を落とし込んで行くのです。

世間で有名な、マインドマップもまさにその考えのもと作られていますので
マインドマップをやったことがあれば、イメージしやすいと思います。

こういうことをプログラマーは必要に迫られ、日常的に行っています。

ビジネスや日常でも論理的思考は役に立つ

一つの大きな課題があった時に、そのままでは動くことが出来なくても
それを着手可能な項目までブレークダウンしていくことで一歩ずつクリアしていく。
このようなスキルは、ビジネスや日常生活においても、とても役に立ちます。

目標や課題を達成するために、ブレークダウン思考が働き、
具体的な行動まで落とし込めるようになります。

逆に言うと、こういった思考法を身につけるにも
プログラミングは最適ということですね。

プログラマーは論理的思考?
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事があなたのお役に立てましたら、
いいね!クリックをお願いします!

あなたも楽しくプログラミングを学んでみませんか?