エディタとは? | プログラミング初心者のための分かりやすい用語解説

この記事は約 2 分 で読むことができます。

エディタというと、広い意味では「編集するためのツール」となり、
テキスト(文字)だけでなく、画像や動画、音声などを編集するための
様々なエディタが存在しますが、

プログラミングの世界においては、エディタと言えば
ソースコードを書くための「テキストエディタ」のことを指します。

エディタは、プログラマーが最も頻繁に使用するツールであり
僕も使わない日は無いと言って良いほど日常的に使用しています。

プログラマーにとってのエディタは、
野球選手にとってのグローブのようなものです。

頻繁に使うツールだからこそ、自分に合った使いやすいエディタがベストです。

プログラミング用のエディタには、無料・有料の様々なものがありますが
無料のツールでもとても高機能なものもありますので
まずはそういったものから試してみるのが良いかと思います。

無料のお薦めのエディタは、Windowsなら「サクラエディタ」、
Macなら「CotEditor」です。

ちなみに、Windowsに標準で付属している「メモ帳」も
テキストエディタであるため、メモ帳でもプログラミングは可能です。

しかし、文字コードの対応が弱かったり、機能的にシンプル過ぎるため
使い勝手は良くありません。

最低でも、各種文字コードの対応と、ソースコードの色分け表示、
アンドゥ・リドゥには対応していることが条件ですね。

僕がメインで使用しているエディタは「Sublime Text」というエディタで
有料のツールなのですが、最強のプログラミングエディタです。

このエディタを使うようになってから、
僕はプログラミングの効率が1.5倍になりました(^^)

Macをお使いの方は是非試してみて下さいね。

エディタとは? | プログラミング初心者のための分かりやすい用語解説
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事があなたのお役に立てましたら、
いいね!クリックをお願いします!

あなたも楽しくプログラミングを学んでみませんか?

コメントを残す